ここ数年でかなり注目度が上昇している仮想通貨!最もメジャーな通貨「bitコイン」で数億円を手にしたという人もいるんです! 当サイトでは、仮想通貨ビギナーのために種類や取引所、チャートやマイニングなどの専門用語を詳しく解説していきます! 現段階で仮想通貨を所持しておけば、数年後には億を手にするかも!?

【仮想通貨は儲かる?儲からない?】おすすめの銘柄と取引所ランキング

仮想通貨事件簿

コインチェックがNEM流出の補償内容を発表!時期不明に不安の声も?

投稿日:

コインチェック ハッキング
大量の仮想通貨NEMが抜き取られた問題で対応に追われていた取引所「コインチェック」が、補償など今後の方針を発表しました。

果たして失われた仮想通貨は戻って来るのか、来ないのか。

「俺のNEMはいったいどうなるの?」
「なんでNEMに関係のない人も出金できないの?」

当記事ではコインチェックの発表した補償内容や今後の展望、無関係の人の出金不可などの理由について、徹底的に考察してみたいと思います。

私のNEMはどうなる!?コインチェックの補償内容

コインチェックの補償内容
2018年1月28日、AM2:25のこと。コインチェックから以下のメールが届きました。正確を期すため本文をここに引用したいと思います。

――――――

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について

コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、対象となる約26万人のNEMの保有者に対し、以下の通り、補償方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

http://corporate.coincheck.com/2018/01/28/30.html

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。
(以下略)

――――――

これは中々良い対応だと言っていいのではないでしょうか。盗まれたNEMを日本円にして返してくれるそうです。

強制ロスカットの側面

しかしこの補償内容に納得のいかない方も多いのではないかと思います。というのは、返金の額はコインチェックにおけるNEMの平均金額を参照するといった内容であるからです。

NEMは一時期100円を超えていましたし、将来の更なる値上がりに期待して、その段階で購入した方も多いでしょう。しかし今回の返金額はNEMの保有数×88.549円。

これよりNEMの価値が高かったときに購入した人は、損をすることになってしまいます。強制ロスカットが執行されたのと同じ状態ですね。

しかしこればっかりは、仕方のない面もあると思います。とりあえず日本円で返すと決めたことだけでも評価してあげるべきでしょう。もしコインチェックがいい加減な会社であったなら、お金は一銭も戻ってこなかったはずです。

それにNEMは元々、リップルなどと同じく、去年の暮れ頃までは1個20円台を行ったり来たりしているような安価な仮想通貨でした。

その時期にNEMを購入した人は、今回のこの決定で損をするどころか、むしろ儲かるわけです。

加えて言うなら、今後NEMの価値が1個88.549円を大きく下回る可能性もあるわけですし、平均額を補償金額に設定したのは、賢明な判断だったのではないかと思います。

不安の声は消えず

しかし補償内容の発表があってからも、ネット掲示板には利用者の不安が書き込まれています。その内容のほとんどが「返すとは言うけど、本当にそんなことできるの?」というものです。

実際、コインチェックの現在の対応には不可解な所があります。それはNEMに無関係な人らの出金をも停止しているということです。

これを指して、会員にお金を引き出されると経営が完全に破綻するような切羽詰まった状況にあるのではないかと言う人もいるんですね。

公式の発表によると、「返金原資については自己資金より実施させていただきます」とのことですが、もし社長らにそれだけの個人資金があって、保証が完全に実施できる状態にあるのなら、NEMに無関係の人が未だ出金できないのは何故なのかという疑問も残ります。

それは果たしてセキュリティその他の問題なのか、それとも金策か――様々な意見があるようです。

また、補償の時期を明確にしていないことを不安視する方もいらっしゃるようですね。

コインチェックのNEM流出まとめ

コインチェックのNEM流出まとめ
コインチェックは、喪失したNEMについて日本円での返却という形で補償を行う方針を発表しました。

しかし現在、システムがほぼ全面的に使用できない、NEMに無関係の人も出金が不可能であるという状況にあり、不安の声は後を絶ちません。

補償が単なるポーズではなく、着実に実施されることを願うばかりです。もしこのまま補償もせずに逃げるようなことになれば、激烈な非難を免れないでしょう。

コインチェックには是非とも、お客さんに誠実に、逃げることなく対応していただきたいですね。

仮想通貨取引所TOP

  • この記事を書いた人

仮想ツーカー

仮想通貨に興味を持ち、実際に運用し始めて3年。今のところかなり上がりを出しています! 仮想通貨を始めたい方に向けて、知りうる限りの知識をご紹介していきますよ!

-仮想通貨事件簿

Copyright© 【仮想通貨は儲かる?儲からない?】おすすめの銘柄と取引所ランキング , 2018 All Rights Reserved.