ここ数年でかなり注目度が上昇している仮想通貨!最もメジャーな通貨「bitコイン」で数億円を手にしたという人もいるんです! 当サイトでは、仮想通貨ビギナーのために種類や取引所、チャートやマイニングなどの専門用語を詳しく解説していきます! 現段階で仮想通貨を所持しておけば、数年後には億を手にするかも!?

【仮想通貨は儲かる?儲からない?】おすすめの銘柄と取引所ランキング

人気の仮想通貨紹介

愛らしいアルトコイン「ドージコイン」の将来性と相場・買い方

更新日:

ドージコイン
皆さんは、DogeCoin(ドージコイン)というコインをご存知でしょうか?

ドージコインは、いわゆるアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)の一つですが、発行量が膨大なためビットコインとは異なる使われ方をしている、一種独特なコインです。

柴犬のキャラクターが愛らしく、ちょっとおとぼけ系ですが仮想通貨としての性能はなかなか馬鹿にできない優秀さで、今に至るまで海外を中心に人気が高いコインです。

今回はこの「ドージコイン(DOGE)」について解説いたします。

ドージコインについて教えて!

Dogecoin(ドージコイン, 表記DOGE)とは、 Bitcoinに遅れること約4年の2013年12月に立ち上げられた仮想通貨です。

発案、設計は、元IBMエンジニアであったアメリカ人のビリーマーカス氏、そしてジャクソン・パルマー氏の二人で、コンセプトは「ビットコインとは違う、お遊び用の面白コイン」というものでした。

Bitcoin(ビットコイン)には擬人化したような「キャラ」は存在しませんが、ドージコインには愛嬌ある柴犬「 Shibe」ちゃんがマスコットとして公式に設定されています。英語圏のネットユーザではおなじみのネタキャラ( meme)の「 Doge」です。

実は、この犬はアメリカ在住ではなく、なんと日本の幼稚園にいた「かぼす」ちゃんという犬なんだそうです。なかなか可愛い表情ですね(詳しくはコチラ)。

英語圏ではRedditとdogecoin IRCがドージコイン愛好家のコミュニティーの語らいの場として愛用されています。

ドージコインは「DOGE」という単位で表します。最大の発行数は985億DOGEで、サプライが非常に多い為、相場は常に安くなっています。

認証方式はビットコインと同じProof of Workですが、マイニングは異なり、Scryptアルゴリズムを採用しています。

98,437,500,000DOGEすべてをマイニングで採掘し終わった後は、毎年5,200,000,000DOGEずつ増えていきます。つまりどんどん増え続けるので、サプライが十分にあるため、この設定のため、ドージコインの価格はビットコインのように高騰しないようになってします。

とはいえ、2017年には10倍以上に高騰するという「ムーン相場」も起きています。低く安定しているが故に、暴落しようのない安心できるコインという一面があります。

ブロック生成間隔は約1分で、ビットコインやライトコインよりずっと早く取引が完了するようになっています。

アルトコインの中ではかなり古いコインで、最初はお遊びとして作られたのですが、きっちりと開発チームが定期的な改良を加えています。

ドージコインの現在の相場

ドージコイン チャート
現在のドージコイン(DOGE)の相場は、対ビットコインで0.00000020BTC、対日本円換算では約1DOGE=0.26円程度。かなりの低価格です。

ご存知の通りビットコインが対フィアット(法定通貨、USDやJPYなど)で高騰していますが、ドージコインは対ビットコインではあまり変動はなく、2013年の暮にドージコインが誕生したころの相場は、1DOGE=0.00000038BTCで、途中ある程度の高騰(特に2017年5月ごろの暴騰)や下落を経て、ほぼビットコインに対して数十サトシ(1サトシ=0.00000001)と、極めて安い価格です。

しかし、4年前と今ではビットコイン自体の相場が暴騰していますので、2017年12月初旬現在、日本円に換算すれば、2年前で0.014 円でしたから安いとはいえ約19倍になっています。

ビットコインよりも気軽に、のんびりと集めながら、間接的に対日本円でじわじわと高まって行く価値を見て楽しむことのできる面白いコインです。

一般的にアルトコインは、ビットコインが上昇すると売られ、対BTCに対して値を下げる傾向があります。

簡単に言えば、急激なビットコインの相場高騰の際には、キャッシュを入金するのが間に合わないため、みなアルトを売り払ってBTCを保有しようとするのですが、ドージコインに関してはその傾向は弱く、値段の下落幅が少ないという特徴があります。

ドージコインはコアなユーザががっちりとホールド(保有)しており、ビットコインが上がろうが下がろうが売ろうとしないのです。

ですのでビットコインの急激な上昇で、イーサリアムやビットコインキャッシュがガラガラと値崩れしやすいのに対し、ドージコインはほとんど値が下がらない(0.00000020が0.00000019と5%程度の変動)ため、最終的には対日本円、米ドルに対して(ビットコインが上昇しているため)、逆に値が上がっている状況です。

ドージコインの特徴や今後について

ドージコイン(DOGE)は単価が安いため、送金手数料も日本円・米ドル換算では驚くほど安いです。

例えば、海外の有名な取引所である「ビットレックス(Bittrex)」を例に上げると、5万円分相当のドージコインを出金して別のウォレットに送付するとき、手数料は2DOGEかかりますが、これは現在の相場ではわずか0.52円(52銭)程度です。

もし、同じ日本円で5万円相当をBittrexからビットコインで送付したらどうなるでしょうか?その手数料は0.001BTC、つまり約1300円もかかるのです。

ちなみに他の仮想通貨の送金手数料を同じ条件で見てみると、ディークレド(Decred, DCR)手数料は203円、イーサリアム(ETH)なら104円、イーサリアムクラシック(ETC)なら33円になります。同じ5万円を送付するのに、これだけ手数料に差が出てくるのですね。

また前述のように、ドージコインのブロック生成は約1分間ですので、ビットコインより圧倒的に高速です。

ビットコインは人気が高まり、今年に入ってから頻繁にトランザクションの遅延で何時間~何日も送ったBTCが着金しないという大渋滞を引き起こしていますが、ドージコインはいつでもスムーズで超高速に送金が可能です。

筆者は家族・友人間の少額の送金には、ビットコインではなくドージコインを愛用しています。

長い間使われている最古参の安定した仮想通貨であることと、単価が安いために送金手数料が1円もしないというのが素晴らしいと思い、長年このように使用しています。

価格が高騰していく仮想通貨は投資として魅力的ですが、ドージコインのように安いからこそ光るメリットもあるのです。

ドージコインの購入方法

ドージコインの購入方法
日本国内でドージコイン(DOGE)を扱う取引所・販売所は多くなく、有名なところは「Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)」があります。福岡の企業「株式会社ミスターエクスチェンジ」が運営しています。

ここの特徴は、会員登録が非常に簡単に出来ることと、日本円から直接ドージコインをはじめ各種アルトコインが容易に購入できることです。

一方、海外の取引所では、必ずと言っていいほどドージコインが上場しています。扱っていないところを探す方が難しいのではないでしょうか。大手の取引所なら、Poloniex, Bittrex, Krakenなどが有名で、ほとんどどこでも扱っています。

その中では、沢山のアルトコインを扱っている「Bittrex(ビットレックス)」が安定しており、お勧めです。

英語メニューなのである程度英文に慣れる必要がありますが、難しくはありません。パスポート、住所証明等の書類を用意する必要があります。

ドージコインの今後の将来性などまとめ

ビットコイン(BTC)は、知名度の高まりとサプライの減少により、これからも相場が高騰していくでしょう。

近日中に200万円台となれば、それに従い送金手数料も2倍近くに高騰していきます。

そのうち、銀行の海外送金の手数料を上回ってしまうかもしれません。しかしドージコイン(DOGE)ならその憂慮は不要です。

また非常に小さい金額のやり取り(マイクロペイメント)にも向いていますので、ビットコインが高くなればなるほど、逆にDOGEのような安いコインが注目されるようになり、一定レベル(数十銭~数円レベル)で安定した価値を保つようになるでしょう。

高価なビットコインは決済手段として使いにくくなる一方、ドージコインは非常に便利な決済用コインとして普及すると考えられます。

ドージコイン相場は大変低く、それ自体は対ビットコイン相場は暴騰しないのですが、ビットコインが対フィアットで高騰し続けるため、エレベーター高価で間接的に価値を高めていくことでしょう。

仮想通貨取引所TOP

  • この記事を書いた人

仮想ツーカー

仮想通貨に興味を持ち、実際に運用し始めて3年。今のところかなり上がりを出しています! 仮想通貨を始めたい方に向けて、知りうる限りの知識をご紹介していきますよ!

-人気の仮想通貨紹介

Copyright© 【仮想通貨は儲かる?儲からない?】おすすめの銘柄と取引所ランキング , 2018 All Rights Reserved.