ここ数年でかなり注目度が上昇している仮想通貨!最もメジャーな通貨「bitコイン」で数億円を手にしたという人もいるんです! 当サイトでは、仮想通貨ビギナーのために種類や取引所、チャートやマイニングなどの専門用語を詳しく解説していきます! 現段階で仮想通貨を所持しておけば、数年後には億を手にするかも!?

【仮想通貨は儲かる?儲からない?】おすすめの銘柄と取引所ランキング

海外の仮想通貨取引所厳選!

ユーロにも対応!サンフランシスコ発の仮想通貨取引所「クラーケン」

更新日:

クラーケン(Kraken)
クラーケン(Kraken)は、日本語に対応した取引ができる海外取引所の一つです。サンフランシスコ発の企業で、2011年7月に設立と仮想通貨取引所では比較的歴史がある企業になっています。

世界各国の銀行と提携しているのも特徴で、ビットコインに通貨コードXBT(特定の国に依存しない場合に先頭にXをつける)を採用するなど先進的な試みも行っています。

国内取引所よりも取り扱う仮想通貨の種類が豊富なため、海外取引所へのステップアップに使われるケースが多いのも特徴です。

クラーケンの主な特徴

・ユーロでの仮想通貨取引が活発
・日本円でビットコインの購入が可能
・国内取引所よりも扱う仮想通貨が豊富
・日本円で買える仮想通貨はごく一部

クラーケンはセキュリティの高さに配慮した仮想通貨取引所で、世界各国の金融機関と提携するなど信頼性が高いのが特徴です。

一度も外部からのサイバー攻撃被害にあったことがなく、破綻したMtGoxの管財人にパートナーとして選ばれるなど、トラブル処理でも実績があります。

また、日本に子会社があるだけでなく、マネーフォワードグループと提携するなど信頼性向上や利便性向上に努めています。

海外取引所を利用する上でリスクとなるのが、取引所の閉鎖やハッキング被害などに対する対処です。

英語などで問い合わせや各種申請を行わなければならないケースは多く、被害にあっても泣き寝入りになってしまう場合があるからです。

クラーケンの場合は東京地裁が法的な紛争処理の窓口として指定されていて、日本語での対応が期待できるのがポイントです。仮に被害などがあっても日本語が使えるだけで精神的な負担はかなり減ります。

ハッキングを防ぐためのコールドウォレットの導入など、そもそもの被害が出ないようにするためセキュリティも厳重で、信頼性の高さが魅力の海外取引所になっているのです。

クラーケンのメリット

クラーケンの特徴は、日本円でビットコインが購入可能な仮想通貨取引所であるということです。

海外取引所の多くは日本円での入金に対応しておらず、アメリカドルやビットコインなどで売買を行うことになります。

一度ビットコインを購入して海外取引所に送るということ自体が手間になりがちなだけでなく、送金に手数料がかかることも多いのがネックで、海外取引所入門のハードルになる場合があるのです。

クラーケンであれば、ビットコイン購入のハードル自体を下げることができます。

日本語対応を行っているのも特徴で、海外取引所でありながら違和感なく操作ができるように工夫されています。

プレスリリースなど一部は英語が中心になりますが、必要な操作などはほとんど日本語で確認ができるようなっています。日本に子会社があり、サポートが充実しているのも魅力です。

iosアプリでスマホから取引ができるなど利便性の向上にも取り組んでいて、ユーザーフレンドリーと高いセキュリティを両立させています。

ユーロ圏からの取引が非常に多いのも特徴で、ユーロでの仮想通貨取引高は世界一の水準になっています。

国内取引所よりも取り扱う仮想通貨の種類が多く、アルトコインの売買手数料も比較的安めに抑えられています。

海外取引所の主なデメリットが存在しない形になり、海外取引所入門に使われることが多いのが特徴になっています。

クラーケンのデメリット

クラーケンのデメリットは、日本円で購入できる仮想通貨の少なさです。

日本円で購入できるのは基本的にビットコインイーサリアムのみで、アルトコインなどが欲しい場合はビットコインやイーサリアムを購入した後にアルトコインとトレードするという形になります。

手間がかかるだけでなく、それぞれの売買手数料も上乗せされるため注意が必要です。

また、日本語対応をしているとはいえ、操作系統がドルとユーロでの取引を意識しているため、初心者にはわかりにくい面があります。

取引画面では画面左上の通貨ペア一覧から自分が取引したい仮想通貨とドルやユーロなどの組み合わせを選ぶ必要がありますが、仮想通貨と法定通貨の略号がわからないと全く前に進まなくなる恐れがあります。

日本の仮想通貨取引所と違ってビットコインの略業がXBTになっているのも曲者です。

日本円でビットコインを売買したい場合はXBTのリストから、XBT/JPYを選択する必要があります。初期設定が日本円での取引になっていないため、わかりやすさを求める人にはハードルが高くなっています。

また、セキュリティがしっかりしている分、法令違反を防ぐための本人確認も厳重になっています。認証はアカウント作成後、『認証申請』から申し込みます。

認証レベルが上がることで取引の幅が広がりますが、年末年始などは認証機能自体が停止され、登録できない形になってしまいます。いつでも申請できるわけではなく、チェックに時間がかかることがある点に理解が必要です。

日本円の最低入金額は5000円からで、運転免許証などの画像を送り、本人認証ができてから初めて取引が可能になるのもポイントです。

必要な金額も比較的高めになっているため、それより少額で仮想通貨を始めたいという人にも向かないのもネックになっています。

取引できる仮想通貨の種類

取引できる仮想通貨の種類

ビットコイン(XBT)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ダッシュ(DASH)
イオス(EOS)
イーサリアムクラシック(ETC)
グノーシス(GNO)
イコノミ(ICN)
ライトコイン(LTC)
メロン(MLN)
オーガー(REP)
テザー(USDT)
ドージコイン(XDG)
ステラ(XLM)
モネロ(XMR)
リップル(XRP)
ジーキャッシュ(ZEC)

表記が他の仮想通貨取引所と異なるケースが存在するため、混乱しないようにする必要があります。

また、ユーロ(EUR)、ドル(USD)、日本円(JPY)、カナダドル(CAD)などの法定通貨の略称も覚えておく必要があります。

クラーケンの口座開設方法

クラーケン 口座開設方法
バイナンスの口座開設にはメールアドレスが必要になります。メールアドレスとアカウント名、パスワードを入力し、口座を開設します。

アカウント名が重複していると、別のアカウント名の記入を求められるケースがあります。

また、パスワードはアルファベットと数字を混在させるだけでなく、記号も含める必要があります。パスワードのセキュリティが重要視されるため、忘れないようにメモするなど工夫をする必要があります。

アカウント名などを入力し、登録ボタンを押すと、メールアドレス宛に登録確認のメールが送られてきます。

メールに書かれた有効化キーをコピー&ペーストしてアカウント登録作業を続行するか、メール内のURLからアクセスし、アカウント名とパスワードのチェックを行えばログインができます。

ログイン後は認証申請から住所や名前、電話番号などの認証を行い、免許証など本人確認の書類申請が済んだ後に日本円の入金や仮想通貨の売買ができるようになります。

国内取引所ではコンビニからの入金に対応しているケースもあるため、若干時間がかかるのも特徴になっています。

海外取引所クラーケンまとめ

クラーケンは海外取引所の中でも信頼性が高く、様々なサポートが行き届いているのが特徴です。

日本円の入金ができ、ビットコインも日本円で購入できるのは大きなメリットです。ただし、多くのアルトコインはビットコインやドル、ユーロなどで購入する形式になるため、アルトコインの種類が多くても購入までに手間がかかるという弱点もあります。

時間をかけてもセキュリティを保ちつつ、海外取引所デビューしたい人にはおすすめで、日本国内で買えない仮想通貨を購入するステップになってくれます。

仮想通貨取引所TOP

  • この記事を書いた人

仮想ツーカー

仮想通貨に興味を持ち、実際に運用し始めて3年。今のところかなり上がりを出しています! 仮想通貨を始めたい方に向けて、知りうる限りの知識をご紹介していきますよ!

-海外の仮想通貨取引所厳選!

Copyright© 【仮想通貨は儲かる?儲からない?】おすすめの銘柄と取引所ランキング , 2018 All Rights Reserved.