ここ数年でかなり注目度が上昇している仮想通貨!最もメジャーな通貨「bitコイン」で数億円を手にしたという人もいるんです! 当サイトでは、仮想通貨ビギナーのために種類や取引所、チャートやマイニングなどの専門用語を詳しく解説していきます! 現段階で仮想通貨を所持しておけば、数年後には億を手にするかも!?

【仮想通貨は儲かる?儲からない?】おすすめの銘柄と取引所ランキング

国内の仮想通貨取引所はココで間違いない!

アルトコインの売買がお得?クセの強さがネックのビットトレード

更新日:

ビットトレード
ビットトレードは、ビットトレード株式会社が運用する仮想通貨取引所です。取引所の規模は比較的小さいものの、アプリの使いやすさやアルトコイン売買の手数料の安さが魅力になっています。

ただし、ビットコインの売買手数料が高めとなっているため、どちらかといえば玄人向けの仮想通貨取引所になっています。

ビットトレードの主な特徴

ビットトレード 使い方

・取引画面の使いやすさで有名
・アルトコインの取引手数料が比較的安い
・ビットコイン購入の手数料が高い
・取引量が少なく、売買を成立させにくい

ビットトレードの長所の一つが取引画面の使い勝手です。チャートの分析ツールや取引ツールの種類が豊富で、高度な取引ができるように工夫されています。

機能を絞り込む反面、取引のバリエーションが少なくなっている仮想通貨取引所のも珍しくないため、機能の充実が目立つ形になっています。

機能が充実しているのは、株式会社FXトレード・フィナンシャルの関連会社だからです。FXを扱う企業の関連会社であるため、システム開発や各種改善にもノウハウが生かされているのです。

系列サービスを利用した経験がある人は、簡単に仮想通貨のFXになじむことができます。特にBitbank.ccと特徴が良く似ていて、実際利用した経験がある人はほとんど違和感を感じないと言われています。

機能が多い分把握に時間がかかるケースもありますが、多機能性を重視したい場合は候補に上がる仮想通貨取引所の一つです。

手数料が安くても取引自体が行いにくい場合はチャンスを逃してしまうケースもあります。

仮想通貨は相場が急変することが多いため、外出先などで迅速に対処できるかどうかで損益が左右される場合もあるからです。通知機能などをうまく組み合わせれば、リスク管理にも役立ちます。

またセキュリティにも力を入れていて、コールドウォレットの導入やSMSを含めた二段階認証、不正アクセス検知など様々な工夫を凝らしています。

コールドウォレットは物理的にネットワークから隔離された場所に仮想通貨を保管する方法で、ハッキング被害などを未然に防ぐことができます。

資本金の額や規模を比較した場合は他の仮想通貨取引所に見劣りしますが、安全性や利便性を確保するための工夫が多くなっています。

後は各種手数料とのバランスをどう見るか、会社の信用性をどのように捉えるかです。

ビットトレードのメリット

ビットトレードのメリットは、取引システムの使いやすさです。仮想通貨は種類が多いだけでなく、取引に使える手法も多様化する傾向にあります。

そのため、情報が整理しやすいことや画面を見て感覚的にわかることは重要で、ビットトレードの大きなアドバンテージになっているのです。

取引のハードルを下げるために簡略化をすすめて機能の物足りなさを感じやすい取引所や、手数料などが見えにくくなっている取引所もあるため注意が必要です。

ただし、トレードの場合は自分の取引スタイルとのマッチングが重要になるため、他の取引所の方が使い勝手が良いケースもあります。

あくまで候補の一つであり、チャートを読み取るための事前の学習なども大切になるからです。とにかく気軽にトレードしたいのであれば、情報量が多すぎて混乱する可能性もあります。

また、仮想通貨取引所の中ではアルトコインの取引手数料が安い方に分類されます。

取引手数料がかからないかわりに販売所経由で買わなくてはならないケースもあるため、少しでも安く買えることは大きなメリットです。

アルトコインを主体にトレードをしたい場合や、長期投資を考える場合はメリットを生かしやすくなります。

アルトコインは種類別で手数料が異なるため、他の取引所の方が安くなる場合もあります。

最安値ではないためあくまで比較対象として利用し、自分の欲しい仮想通貨が安く買えるかチェックするのが基本になります。

アルトコインの種類も6種類と比較的多く、今後も増える可能性があります。FXで組める通貨ペアも多いため、隙間を縫うようにして利益をあげる人もいます。

一方で、損失を出す人もいることになるため、購入のタイミングなども含めて検討することが大切になります。

ビットトレードのデメリット

ビットトレードのデメリットは、ビットコインの売買にかかる手数料が高いことです。ビットコインを日本円で購入した際の手数料は購入額の0.2%と、国内仮想通貨取引所ではもっとも高めになっています。

FXの手数料も高めに設定されているため、ビットコイン主体の取引をする場合や、FXで取引をしようとする場合はマイナスが目立ちやすくなります。

取引機能の充実とスピーディーさで補えるかが課題で、人によっては真っ先に候補から外れることになりかねないのです。

とりあえずビットコインを買ってみたい人にはおすすめができず、最初からアルトコインを購入したい人の方が向いている形になります。アルトコイン入門のハードル自体が高いため、初心者には厳しくなっている部分があります。

また、利用者の人数自体が少ないため、取引量が少なく、取引が成立しにくいという難点もあります。取引を成立させるためには売る人と買う人の両方が必要になります。

ビットトレードは取引手数料のバランスや取引所の規模などの関係から利用者が少なめで、スピーディーに売買して利ざやを稼ぎたい人には向かない部分もあるのです。

思わぬ安値や高値で売買が成立することもあるため、価格などを指定して放置する人が多いものの、トレードの件数をこなして慣れたい人には不向きな部分があります。

好みや相性がはっきり分かれるため、メリットを見つけて生かすのにも知識が必要になってくるのです。

アプリの提供がないため、アプリがないこと自体を不満に思う人もいます。アプリでの取引にこだわりたい場合は別の取引所を利用することになります。

スマホで使いやすいように取引画面がデザインされているものの、好みが分かれるポイントの一つです。

取引できる仮想通貨の種類

ビットトレード 取引通貨
ビットトレードで取引できる仮想通貨は6種類です。

・bitコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・bitコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・リップル(XRP)
・モナーコイン(MONA)

国内でリップルの取り扱いがある取引所の一つです。

提携金融機関

取引のある金融機関は、

住信SBIネット銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行

です。ただし、出金にかかる手数料はどの金融機関であっても一律で、自分の好きな金融口座を指定できます。日本円の出金手数料は648円で、取引所の平均額よりも少し上の分類になります。

頻繁にお金を引き出したい人には不向きになるため、実際に利用する場合は事前の検討が重要になります。

ビットコインを含めた仮想通貨の預け入れ手数料は無料、引き出し手数料は同業他社と同程度の水準です。

取引以外の手数料でも取り立てて安いという部分はなく、平凡な印象になっています。

仮想通貨取引所ビットトレードまとめ

ビットトレードの魅力は、取引システムの使い勝手の良さとアルトコインの取引手数料の安さです。

一方でビットコインの売買の手数料が高く、取引数量自体も少ないなど好みがはっきり分かれる仮想通貨取引所でもあります。

総合的な比較になると候補から外れるという人が多いため、取引所閉鎖のリスクなどに備えた分散先や、指値を入れて売買を放置するなどメイン以外の取引に使う人が多くなっています。

アプリがないこともネックで、親しみにくい取引所の一つになっています。

ビットトレード

仮想通貨取引所TOP

  • この記事を書いた人

仮想ツーカー

仮想通貨に興味を持ち、実際に運用し始めて3年。今のところかなり上がりを出しています! 仮想通貨を始めたい方に向けて、知りうる限りの知識をご紹介していきますよ!

-国内の仮想通貨取引所はココで間違いない!

Copyright© 【仮想通貨は儲かる?儲からない?】おすすめの銘柄と取引所ランキング , 2018 All Rights Reserved.