ここ数年でかなり注目度が上昇している仮想通貨!最もメジャーな通貨「bitコイン」で数億円を手にしたという人もいるんです! 当サイトでは、仮想通貨ビギナーのために種類や取引所、チャートやマイニングなどの専門用語を詳しく解説していきます! 現段階で仮想通貨を所持しておけば、数年後には億を手にするかも!?

【仮想通貨は儲かる?儲からない?】おすすめの銘柄と取引所ランキング

国内の仮想通貨取引所はココで間違いない!

追証なしでFXが可能!ビットバンクトレードの特徴や口座開設方法まとめ

投稿日:

ビットバンクトレード
ビットバンクトレードは、ビットバンク株式会社が提供するFXの専用サービスのことです。

追証がないのが特徴で、FXのイメージとしてありがちな多額の借金を背負うことが無いのが魅力の一つになっています。

仮想通貨の現物取引はビットバンク.ccという別サービスで行うことが可能ですが、混同しないように注意が必要です。

ビットバンクトレードの主な特徴

・FX専門のサービス
・追証がない
・本人確認書類がなくても取引が可能
・収益から手数料が差し引かれる

ビットバンクトレードは、仮想通貨取引所ビットバンクが提供するFX専門のサービスです。

FXは様々な通貨の価格変化を予測して取引を行うことで、差益を得る取引を指します。ビットバンクトレードではビットコインを中心としたFXを行うことが可能で、価格変動の大きさが魅力の一つにもなっています。

ビットバンクはアルトコインの取引手数料が安いことで有名で、金融庁にも登録された仮想通貨交換業者でもあります。

現物取引はビットバンク.cc、FXはビットバンクトレードで分かれているのが特徴で、どちらも利用する場合は別々に口座を作る必要があります。

コールドウォレットでビットコインが保管されるほか、マルチシグ(多重認証)によってセキュリティを高めていて、仮想通貨の流出などを防げるような仕組みになっています。

ビットバンクトレードのメリット

ビットバンクトレード 追証なし
ビットバンクトレードのメリットの一つが、追証がないことです。

追証とは、預入金を上回る損失が出た場合に、強制的な決済が行われることを指します。FXで借金を作るという人のイメージに繋がりやすいのが、この追証です。

取引方法によっては預け入れた金額の数倍、数十倍の損失を出してしまうことがあるのです。

追証がない場合は、預入金を上回る損失がカットされます。預け入れ金がゼロになる段階で強制的に決済が行われるので、数字がマイナスになることがないのです。

最悪でも口座に預けたお金がなくなるだけで済むのがビットバンクトレードの魅力になっています。

ビットバンクトレードでは最大20倍のレバレッジをかけることも可能です。20倍のレバレッジをかけると、実際の値動きの20倍の収益と損失が発生することになります。

20倍のレバレッジをかけても追証がないため、収益を上げる場合は短期間で大きな利益が出せる可能性があり、しかも資金がゼロより下になることがなくなるのです。

注意したいのは、値動きが自分の予想と反対だった場合に、レバレッジをかけるほどスピーディーに強制決済が行われる可能性があるということです。

預け入れたお金がゼロになる可能性はあるため、全く損失を出さずに済むとは限らないのがポイントになります。

また、ビットバンクトレードでは本人確認書類がなくてもトレードを始められる仕組みになっています。

メールアドレスとパスワードの登録だけで1日当たり10万円相当までのビットコインを引き出せるようになっています。

本人確認書類や取引目的、職種などの登録を行うとアカウントクラスがあがり、1日500ビットコインまで引き出せるようになります。

小額の取引であれば本人確認なしで簡単に講座を作れるため、仮想通貨FX入門に利用する人も多いのが特徴になっています。

高度なチャート分析機能も利用が可能となっていて、ツールの評価が高いのも魅力になっています。

チャートの見易さや使い勝手で取引所を選ぶ人もいるため、比較のポイントにもなっているのです。

ビットバンクトレードのデメリット

ビットバンクトレードのデメリット
ビットバンクトレードのデメリットの一つが、収益を上げるたびに0.2%の手数料が差し引かれることです。

手数料はロスカット時にビットバンク社が損害を被るのを防ぐためのものです。手数料を取ることで追証がない仕組みを実現しているため、他の取引所のFXよりも手数料が高い原因となっています。

損失を出さずに取引を続けられる場合は、同業他社の取引所の方が儲けが増えやすくなります。

追証のリスクをどう見るのか、その他の手数料のバランスと比べて割に合うのかはしっかりと考える必要があるのです。

日本円ではなく、ビットコインで入金が必要な点にも注意が必要です。口座を作っても口座に入れるビットコインを用意しなければFX自体ができないことになります。

同じビットバンク社の仮想通貨取引所で口座を持っていても、ビットバンクトレードとそれ以外の口座ではアカウント情報が違います。

口座に送金する際には手数料がかかることも多いため、解説や取引のハードルは低い分ある程度目減りを覚悟した方が良いのです。取引所によってはビットコインの購入自体に手数料がかかるのもポイントになっています。

出金の手数料がビットコイン換算になるため、想定以上に出費がかさむ可能性もあります。

ビットバンクトレードの出金手数料は0.001BTCになります。ビットコインの価格が上昇すれば上昇するほど出金手数料も高くなるのです。

本人確認書類などを提出してアカウントクラスを上げなければ、出金額が1日10万円相当まで限られるため、多額の利益をあげると引き出しにも時間と手数料がかかることになります。

ビットコインの価値はリアルタイムで変化していきます。引き出してから換金するまでに時間がかかれば、それだけ価値が変動する可能性も高くなります。

現物のビットコイン取引所と機能が分かれているため、売却のタイムラグにも注意が必要になるのです。

仮想通貨取引所とFXの取引所を統合してしまった場合、メールアドレスの登録のみでFXを試すといった身軽さが失われてしまう可能性があります。

法律上の関係で便利さと本人確認の厳密さがトレードオフの関係になりやすいため、何を重視するかを考えて取引所を選ぶことも大切なのです。

取り扱い仮想通貨がビットコインのみで、アメリカドルとのペアになっているのも特徴です。アルトコインや円、ユーロといった様々な法定通貨とのペアが組めないのもポイントです。

ビットコインよりも上昇や下落の幅が見込める仮想通貨や法定通貨でのFXを提供する企業も多いためです。

シンプルでわかりやすいメリットがある一方で、取引幅の狭さがデメリットになっています。

ビットバンクトレードの口座開設方法

ビットバンクトレードの口座開設方法は、メールアドレスとパスワードを新規入力し、無料会員登録を行うだけです。

ロボットでないかチェックを入れる項目があるため、チェックを入れる必要があります。無料会員登録を行うと登録メールアドレスにメールが届くため、メールアドレスにアクセスしてパスワードを入力すればログインができます。

ログインをすれば取引が可能になりますが、1日の引き出し額を上げたい場合は、別途ビットバンク.ccのアカウントを作り、連携させた上で本人確認書類などを提出する必要があります。

連携の設定が必要なことと、ビットバンクトレード上だけで手続きが完了しないのが特徴です。

ビットバンク.ccでは仮想通貨の取引目的などを入力した上、本人確認書類などの個人情報を登録する必要があります。
口座開設方法

ビットバンクトレードの特徴や口座開設方法まとめ

ビットバンクトレードはFX専門の取引所であり、個人情報の登録なしでFXをはじめることが可能です。

追証なしなどメリットが大きいものの、通貨ペアの少なさや手数料高さなどデメリットも存在します。

追証がないため大幅なマイナスを抱えることが少なく、比較的初心者向けの仮想通貨FXサービスになっているのです。

仮想通貨取引所TOP

  • この記事を書いた人

仮想ツーカー

仮想通貨に興味を持ち、実際に運用し始めて3年。今のところかなり上がりを出しています! 仮想通貨を始めたい方に向けて、知りうる限りの知識をご紹介していきますよ!

-国内の仮想通貨取引所はココで間違いない!

Copyright© 【仮想通貨は儲かる?儲からない?】おすすめの銘柄と取引所ランキング , 2018 All Rights Reserved.