ここ数年でかなり注目度が上昇している仮想通貨!最もメジャーな通貨「bitコイン」で数億円を手にしたという人もいるんです! 当サイトでは、仮想通貨ビギナーのために種類や取引所、チャートやマイニングなどの専門用語を詳しく解説していきます! 現段階で仮想通貨を所持しておけば、数年後には億を手にするかも!?

【仮想通貨は儲かる?儲からない?】おすすめの銘柄と取引所ランキング

国内の仮想通貨取引所はココで間違いない!

アルトコインの売買がお得!ビットバンクの長所と短所まとめ

更新日:

ビットバンク
ビットバンクは、アルトコインの取引手数料の安さで知られる仮想通貨取引所の一つです。

日本の仮想通貨交換業登録の第一陣にも名前があり、実績を積み重ねてきた取引所の一つにもなっています。

仮想通貨の販売所機能がないため初心者向けとは言えないものの、日本で取り扱いが少ない仮想通貨を購入できるのも魅力の一つです。

ビットバンクの主な特徴

・アルトコインを割安で購入できる
・手数料割引などのキャンペーンが多い
・仮想通貨の販売所がない
・取引量が少なめになっている

ビットバンクは日本の仮想通貨取引所で、仮想通貨交換業登録業者でもあります。登録は2017年9月の第一回目であり、先進的な取り組みをしている取引所の一つとなっています。

ビットフライヤーコインチェックザイフなどの大手取引所に知名度で劣るものの、アルトコインを割安で買えることで知られています。

代表取締役CEOは廣末紀之氏で、ブロックチェーンに関する書籍を監修するだけでなく、ビット関連の書籍も出版するなど精力的に活動しています。

ビットバンクはポイントサイト『moppy』を運営する上場企業、株式会社セレスから8.5億円の資金を調達したことでも話題を呼びました。目的はスマホ向けサービスで協業するためで、出資によりビットバンクはセレスの持分法適用会社になっています。

ポイントサイト『moppy』では貯まったポイントをビットコインに交換できるなど、仮想通貨の取り扱いにも積極的な企業の一つです。

今後は宣伝広告のクリックで仮想通貨が貯まる仕組みの開発など、さらに広がりを見せる可能性があります。

ビットバンクのメリット

ビットバンク手数料
ビットバンクの最大のメリットとなっているのが、アルトコインの安さです。

国内取引所の多くはアルトコインを販売所を通じて販売しています。販売所を経由すると手数料が上乗せされてしまうため、5%~10%程度割高になってしまいます。

購入時だけでなく売却時も手数料が引かれるため、短期間の投資で収益をあげるのが難しくなっているのです。

一方で、仮想通貨取引所を利用すれば手数料の上乗せが起きず、割安に購入できることになります。ビットバンクはアルトコインを取引所で直接取引できる仮想通貨取引所の一つになっています。

取引所は使いこなすまでにある程度の知識が必要になるものの、仮想通貨を割安で購入したい人に適しています。

また、仮想通貨取引の手数料割引キャンペーンを行っていて、2017年10月16日から2018年3月31日まで、取引所で扱われる全ての仮想通貨の手数料がゼロになっています。

国内取引所では間違いなく格安で、キャンペーンは今後延期させる可能性もあります。キャンペーン発表時は2018年1月9日までだったものがすでに延長されているためです。

手数料の安さでビットバンクを上回るのは、ビットコイン取引の手数料がマイナスになっているザイフ程度になります。

アルトコインの手数料に関しては間違いなく国内トップクラスの安さです。そのため、仮想通貨上級者でビットバンクを愛用している人が多いのです。

ビットバンクのデメリット

ビットバンクのデメリットの一つが、販売所機能がないことです。

販売所を通じた仮想通貨取引は手数料がかかってしまうものの、手軽に購入できることや、売却が楽なことがポイントになっています。

取引所で仮想通貨を購入する場合は、思った金額で思った量の仮想通貨を買えないことが多く、ある程度の慣れが必要になります。売却をしようと思ってもなかなか売れず、相場の下落に取り残される可能性もあります。

ある程度知識や慣れが要求されるため、初心者向きの取引所とは言えなくなっています。

もう一つのデメリットが、FXの手数料です。ビットバンクでは仮想通貨の先物取引も可能ですが、全体的に手数料が高めになっています。

取引内容を選べば口座に入金した金額以上の損失が出ないようにすることもできますが、手数料の高さと釣り合わないケースも出てきます。リスクが少ないという意味では、仮想通貨FX初心者向きです。

レバレッジが20倍までと高い倍率をかけることも可能ですが、資金の拘束が厳しくなれば取引の選択が減ることにも注意が必要です。

取引所を利用した現物取引を行う場合も注意点があります。これは大手の取引所と比べてユーザー数が少ないことです。ユーザーが少ないということは、取引所を利用しても価格のマッチングが起こりにくく、思ったタイミングや価格で売れないケースが出てくるということでもあります。

もちろん、タイミングが合えば希望価格や希望の数量で売却できる可能性もありますが、大手取引所よりもタイミングが合う確率が減ります。問題はマッチングを待つ間にも仮想通貨の相場が変動するケースがあるということです。

手数料の安さは魅力的ではあるものの、スピーディーな取引が難しい場合があるのです。

取引できる仮想通貨の種類

ビットバンク 取り扱い通貨
ビットバンクで取引できる仮想通貨の種類は、ビットコインを含めて6種類です。

・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・イーサリアム(ETH)
・モナーコイン(MONA)
・ビットコインキャッシュ(BCC)

リップルの取り扱いがある国内取引所は少ないため、リップルを購入するためにビットバンクで口座を作る人もいます。

提携金融機関

ビットバンクは住信SBIネット銀行と提携していて、条件を満たしている場合は振り込み手数料などを無料にすることができます。

他の銀行で指定口座に振込みを行う場合は各金融機関指定の手数料がかかるため、住信SBIネット銀行の利用が割安になります。振込み手数料以外の料金負担は発生しません。

入金は指定口座への振込みのみで、コンビニ振込みが使えないのもポイントになります。コンビニ払いを利用できる仮想通貨取引所は、残高に即座に金額が反映されるクイック入金とセットになることが多いのが特徴です。

ビットバンクではクイック自体が存在しないため、銀行振り込みを行い、口座にお金が反映されるまでは各金融機関の営業を待つ必要があります。

例外として、振込依頼人名義人の前にアカウントIDを記入することで即時反映が可能になります。

即時入金をしたい場合は振込依頼人の名義が必須になるため、銀行口座から直接振り込む場合には注意が必要です。

出金時の手数料は3万円未満であれば540円、3万円以上の場合は756円になっています。金額はどちらも税込みです。

出金が反映されるのは、午後3時まではよく営業日、午後3時以降は翌々営業日となります。出金は1000円からで、出金手数料は標準的な水準になっています。

取引所ビットバンクのまとめ

取引所ビットバンクのまとめ
ビットンバンクはアルトコインを安く買いたい人におすすめの取引所です。

キャンペーン期間中はビットコインの取引手数料も無料になっているため、ムダな手数料を節約したい人に向いています。

一方で、販売所機能がないため初心者にとってはかなりハードルが高くなっています。ある程度仮想通貨の取引に慣れた中級者から上級者向けです。

大手取引所と比較するとユーザー数が少ないため、取引成立まで腰をすえて向き合えるかも大切になります。

手数料が少なくても割安にしなければ売買が成立しないケースもありえるため、他の取引所との比較も概説になってきます。

仮想通貨取引所TOP

  • この記事を書いた人

仮想ツーカー

仮想通貨に興味を持ち、実際に運用し始めて3年。今のところかなり上がりを出しています! 仮想通貨を始めたい方に向けて、知りうる限りの知識をご紹介していきますよ!

-国内の仮想通貨取引所はココで間違いない!

Copyright© 【仮想通貨は儲かる?儲からない?】おすすめの銘柄と取引所ランキング , 2018 All Rights Reserved.