海外の仮想通貨取引所厳選!

仮通貨の新規上場にも積極的!中国の仮想通貨取引所バイナンス(Binance)

更新日:

中国に拠点を置くバイナンスは、世界一の仮想通貨取引高を誇る仮想通貨取引所です。設立から半年もたたずに仮想通貨の取引高世界一の取引所に輝くなど、世界中から注目を集めています。

特徴的なのは、ICO直後の仮想通貨の取り扱いに積極的なことと、全てのハードフォークへの対応を明言していることです。

また、サイトが日本語対応になっていて、海外取引所入門にも使いやすくなっています。

バイナンスの主な特徴

バイナンス 海外取引所

・ICO直後の仮想通貨も積極的に取り扱う
・全てのハードフォークに対応することを宣言
・日本語対応のページが存在する
・中国政府による取り締まりリスクが存在する

バイナンスは、2017年7月に香港で設立された比較的新しい仮想通貨取引所です。

もっとも特徴的なのが、ICO直後の暗号通貨を上場させるなど積極的な経営戦略でアルトコインやトークンを含めた仮想通貨の種類は100種類を超えるほどです。

取り扱う仮想通貨の種類が圧倒的であることから、24時間の仮想通貨の取引高世界一になったこともあるほどで、いかに勢いのある仮想通貨取引所であるかがわかります。

サイトの一部は日本語に対応しているなど、海外の仮想通貨取引所の中でも入門に適している部分もあります。

ただし、プレスリリースに関しては中国語か英語が基本になるため、あくまで一部であることを理解する必要があります。

バイナンスのメリット

バイナンスのメリットは、圧倒的な数の仮想通貨の種類です。ICO直後から上場される仮想通貨も珍しくなく、他の仮想通貨取引所への上場も決まれば短期間で数倍、数十倍の値上がりも夢ではなくなっています。

また、ほとんど出回っていない価値が低い状態から購入が可能になるため、数百倍、数千倍といった大幅価値上昇の可能性もあるのです。

日本ではICOを行った仮想通貨をすぐに上場させることが困難です。日本の仮想通貨取引所は、利用者保護の観点から安全性が確認された仮想通貨しか取り扱いができないからです。関係機関への届出も必要になるため、どうしても時間がかかります。

海外の仮想通貨取引所を利用する人の多くは、まだ日本や海外で注目されておらず、大幅な値上がりが期待できる仮想通貨を購入できることです。

短期間で価格が上がる可能性もあるからこそ、投資としての儲けが大きく、うまく活用すれば短期間で資産を増やすことができるのです。

仮想通貨の種類の豊富さとあまり出回っていないICO直後の仮想通貨が購入できることが、バイナンスの最大の魅力になっています。

日本語対応も行っていますが、基本的にアカウントの開設などの一部に限られています。

一方で、全く日本語に対応していない海外取引所も多く、入門のハードルを下げる役割も果たしています。実は日本は仮想通貨の取引が非常に活発で、海外から見ても有力な市場に見えているのです。

またバイナンスは、フォーク全てに対応すると宣言している取引所でもあります。

仮想通貨の分裂を意味するフォークは各取引所によって対応が分かれ、場合によってはセキュリティの観点上付与しないことが宣言されることがあります。

しかし、付与と同時に素早く取引が開始され、実際に取引で利益をあげることが可能な取引所も存在します。

バイナンスはフォークの可能性がある仮想通貨を保管しておき、自然に増えるのを待ったり、フォークで増えた仮想通貨を売却することで利益をえることが比較的簡単になっているのです。

長期保有を考えた際のメリットが大きいことも魅力の一つになっています。

バイナンスのデメリット

バイナンスのデメリットは、中国当局の規制リスクが存在することです。

2017年9月には中国の大手仮想通貨取引所が相次いで閉鎖され、一時ビットコインを中心とした仮想通貨の価値が一気に下がるという事件が発生しました。

その後価格は持ち直したものの、仮想通貨取引所は取引所のある国の法律の影響などを強く受けることが改めてわかったのです。

中国は自国のお金が他国に流出することを嫌っていて、今後さらに規制が厳しくなる可能性があります。

様々な仮想通貨に関する規制が存在し、今後も強まる恐れがあり、バイナンスは中国で仮想通貨事業を続ける例外的な企業の一つになっているのです。

バイナンスは国内よりも海外進出に積極的で、あくまで外貨を呼び込む方向にシフトしているのも特徴です。

ただし、このバランスが崩れた場合や中国当局の方針転換などがあった場合は取引所が閉鎖されるなど、仮想通貨やお金自体を取り出せなくなるリスクが出てくるのです。

日本語での対応は一部に限られるため、万が一ハッキング被害などがあった際に被害届を出せるか、受理されるかといった問題もあります。

国をまたいでの仮想通貨取引になるため、万が一のトラブルがあった際のリスクは高まってしまうのです。

海外の仮想通貨取引所に共通するリスクもあるため、しっかりと理解しておく必要があります。

また、ICO直後の仮想通貨が出回るということは、十分なセキュリティの検証が行われずに出回る場合があるということでもあります。

価値が暴落することも珍しくないのが仮想通貨であるため、リスクをしっかりと踏まえて購入する必要があります。

取引できる仮想通貨の種類

取引できる仮想通貨の種類

・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・イーサリアム(ETH)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCC)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK)

などなど100種類以上。通貨ペアの関係上200以上の取引が可能。

取り扱い通貨を詳しく見てみる→バイナンス取り扱い通貨へ

バイナンスの口座開設方法

バイナンス登録方法
バイナンスの口座開設には、メールアドレスが必要になります。

バイナンス公式サイトのトップページに移動後、まず対応言語を日本語にします。サイト右上の国旗のマークから日本の国旗を選べば日本語表示に切り替わります。

メールアドレスとパスワードを入力し、利用規約にチェックを入れて登録ボタンを押します。Refrral IDの部分には何も入力しなくても進めます。

注意したいのは、パスワードを英語の小文字と大文字、数字を混ぜた上で8文字以上に設定しなければいけない点です。セキュリティ上の観点から小文字や数字だけのパスワードを作ることはできなくなっています。

登録画面にすすむと、左右にパズルのピースをスライドさせて、規定の位置にはめ込む画面になります。

パズルのピースがぴったり合うところにはめれば、ロボットを使った不正な取得ではないことが確認され、登録メールアドレスに登録手続きを進めるURLが送られます。

メールアドレスに送られたURLにアクセスすれば登録は完了します。あとはログインしてビットコインなどを口座に入金すれば各種取引が行えるようになります。

ただし、身分証などの登録状況によって1日に引き出しが可能な金額などが限られているのがポイントです。

これはマネーロンダリングを防ぐためのセキュリティの一環で、日本の取引所でも行われています。海外でも違法なお金を仮想通貨に換えたり、お金に変えたりすることを防ぐための様々な取り組みが行われているのです。

仮想通貨取引所バイナンスまとめ

仮想通貨取引所バイナンスまとめ
バイナンスは扱う仮想通貨の種類が非常に豊富で、一部日本語対応を行っているなど使い勝手がいい海外仮想通貨取引所です。

取り扱う仮想通貨の種類が多いなどメリットが多い一方で、仮想通貨の暴落リスクにさらされやすい、中国当局の規制を受ける可能性があるなどデメリットも存在します。

ただし、フォークへの対応が柔軟な取引所でもあるため、仮想通貨の分裂に備えて預けている人も珍しくなくなりつつあるのです。

仮想通貨取引所TOP

  • この記事を書いた人

仮想ツーカー

仮想通貨に興味を持ち、実際に運用し始めて3年。今のところかなり上がりを出しています! 仮想通貨を始めたい方に向けて、知りうる限りの知識をご紹介していきますよ!

-海外の仮想通貨取引所厳選!

Copyright© 【仮想通貨比較ランキング2018】初心者でも儲かる仮想通貨の始め方 , 2018 All Rights Reserved.